この記事は約 6 分で読めます

今回は、我が家でちょっとしたマイブームな本物で安心、しかも美味しいエキストラバージンオリーブオイルをご紹介します。
その名もわーるどおりーぶさんの「カンガルーポー」ヽ(〃▽〃)ノ

 

カンガルーポーのエキストラバージンオイル
カンガルーポーのエキストラバージンオリーブオイル

 

わーるどおりーぶ「カンガルーポー」のエキストラバージンオリーブオイル販売サイト
※わーるどおりーぶは販売終了 現在Yahoo!ショッピングで販売中

 

何故このオリーブオイルにしたのか、味は?使い方は?など書いていますので最後までおつき合いください。

 

 

日本で販売されているエキストラバージンオリーブオイルの8割は偽物

 

いきなりですが、日本で販売されているエキストラバージンオリーブオイルの8割は偽物だといわれています。
偽物という言葉は語弊があるかもしれませんが、実は日本農林規格(JAS規格)とIOC(国際オリーブ理事会)が決めた国際基準が違うのをご存じでしょうか?

 

エキストラバージンオリーブオイルの基準となる具体的な数値は、IOC(国際オリーブ理事会)では酸度0.8%と定められています。
ところが、日本のJAS規格にあるのは「オリーブ油」と「精製オリーブ油」というカテゴリーのみなんですね。

 

つまり、日本にはエキストラバージンオリーブオイルの品質規定そのものがありません。

そのため、国際基準ではないエキストラバージンオイルを堂々と販売しても、品質偽装にはならないという、ひどい野放し状態となっているのが現状です。

 

オリーブオイルの基準

 

オリーブオイルの基準とは?
オリーブオイルの基準とは?

 

酸度の基準数値は日本農林規格(JAS規格)では

  • オリーブ油は酸価2.0以下(酸度約1%以下)
  • 精製オリーブ油は酸価0.6以下(酸度約0.3%以下)

 

国際基準のIOC(国際オリーブ理事会)では、エキストラバージンオリーブオイルは酸度0.8%と定められています。

 

※注意
日本農林規格(JAS規格)では酸価で表示。IOC(国際オリーブ理事会)が決めた国際基準は酸度で表示。酸度は酸価の約半分として換算できます。

 

ここで、気がついたかたもいらっしゃると思いますが、国際基準の酸度0.8%より日本の基準である「精製オリーブ油は酸価0.6以下(酸度約0.3%以下)」のほうが品質が良いのでは?という疑問がわきませんか?

 

実はこの精製オリーブ油は、オイルを精製して香りや味のない「油だけ(※)」の状態にしたものですが、精製オリーブオイルは化学処理を施されているものもあります。
※ポリフェノール類などの微量成分は取り除かれていますが、オレイン酸などの脂肪酸は残っています。

 

具体的は油中の芳香族、硫黄、窒素、樹脂などを溶剤(防腐剤・消毒殺菌剤)で抽出除去。また、エチルアルコールなどを主剤とする安全性が高いといわれている食品添加物も使われています。

 

全ての精製オリーブオイルが防腐剤・消毒殺菌剤・食品添加物が使われているとは限りませんが、値段の安いオリーブオイルは気を付けたほうが良さそうですね。

 

精製オリーブオイルの使い道としては、加熱使いがおすすめですね。

 

おすすめは、国際基準でコールドプレス製法のエキストラバージンオリーブオイル

 

我が家では健康や美容のために、サラダやカルパッチョなど生のものにかけて食するオリーブオイルは、国際基準のエキストラバージンオリーブオイルを使っています。

 

サラダやカルパッチョが美味しい♪
サラダやカルパッチョが美味しい♪

 

国際基準のエキストラバージンオリーブオイルには、香りや風味、辛み、苦みといった味わいがしっかりしています。カラダの抗酸化作用に良いとされているポリフェノール類もちゃんと入っていますし、オリーブオイル本来の味が楽しめますよ。

 

ちなみにここ最近使っているエキストラバージンオリーブオイルは、コールドプレス製法といって化学物質を使った抽出を一切行っていない「カンガルーポー」のオリーブオイルを買っています。酸度は0.3%で、これは国際基準の半分以下!
わーるどおりーぶ「カンガルーポー」のエキストラバージンオリーブオイル販売サイト
※わーるどおりーぶは販売終了 現在Yahoo!ショッピングで販売中

 

カンガルーポーのエキストラバージンオリーブオイルの酸度は0.3%
カンガルーポーのエキストラバージンオリーブオイルの酸度は0.3%

 

コールドプレス製法とは?

オリーブの実をそのまま丸ごと石臼などを使って挽く製法です。物理的に圧力をかけ、潰すことでオイルを抽出しています。

 

この方法は昔ながらの植物油の製法で、油を搾る効率はとても悪いのですが、40度以上の熱がかからないためオリーブオイルの劣化が落ちず、鮮度や香りが残ります。大切な天然成分も壊されること無く、オリーブオイルの本来の豊かな味わいを楽しめるのが、このコールドプレス製法のエキストラバージンオリーブオイルです。

 

少し余談ですが、ヨーロッパのコールドプレス製法表示に対しては40℃以上にならないことという厳しい規定があります。残念ながらアメリカのコールドプレス表示規定はあいまいだそうで、40度以上でもコールドプレスとして販売されているようです。

 

これだけ手間と時間がかかるコールドプレス製法のエキストラバージンオリーブオイルは、やはり値段相応に高いです。相場はおよそですが250mlで2000円以上ですね。外国産なのに異常に安いのは要注意です。

 

一流のエキストラバージンオリーブオイルの味

 

美味しいエキストラバージンオリーブオイルは、しっかりとした味があり、風味や香りはもちろん、苦味や辛味も楽しめます。

 

本物のエキストラバージンオリーブオイルは美味しい
本物のエキストラバージンオリーブオイルは美味しい

 

我が家が使っている「カンガルーポー」のエキストラバージンオリーブオイルは、ちょっと若草のような香りと爽やかな苦味、それにちょっと辛味もあって大人の味わい。もちろん、子供さんでも辛すぎることはありません。

 

実は、本物のエキストラバージンオリーブオイルならではの味は「後味」でわかると言われています。口の中に入れるとスーと抜けていき、後味が爽やかに感じられるなら本物のオリーブオイルだと言えます。逆に偽物は口の中に油っぽさが残ります。スーパーで売られている安いオリーブオイルは少しだけ口に含んでテイスティングしてみるとわかりますよ(*´`*)

 

●エキストラバージンオリーブオイルのタイプ

「辛み」「苦み」が強いオイルは「ストロングタイプ(スパイシータイプ)」といわれています。弱い(おだやかな)ものは「マイルドタイプ(デリケートタイプ)」。中間ぐらいのものは「ミディアムタイプ」です。

 

メーカーによっては、香りや辛味、苦味が強いものもあるそうですが、その度合いの違いはオリーブの品種、収穫時期、生産地、搾油方法などによるもの。カンガルーポーに限ってはとても食べやすく美味しいですよ。上のタイプ的には、中間の「ミディアムタイプ」だと思われます。

 

●タイプ別使い道

  • ストロングタイプ
    トースト、グリルした肉や野菜など焦げ目をつけて焼くもの。苦みや辛味のある野菜に。
  • ミディアムタイプ
    サラダや、パスタ、スープに。
  • マイルドタイプ
    和食などの白身魚、じゃがいも、豆腐、蒸した鶏肉などの食材。ドレッシングや調味料に。

 

●口コミ

こんなオリーブオイル初めて♪
友人の家でこのオリーブオイルを使用したサラダを頂いて感動!!オリーブオイル特有の臭みが全くなく、サラダが苦手な私でもパクパク食べれてあっという間に完食しちゃいました♪今まで食べていたオリーブオイルは何だったの!という驚きと、こんなに美味しいオリーブオイルがあっただなんてという感動でした!体にもいいのと料理にも必需品なので、お祝いなどにもとても喜ばれると思います。リピートしたくなる一品です!
とっても満足!
スッキリして、変な臭みがなく、とっても美味しかったです。普通の安いオリーブオイルだと、サラダには使えなかったけど、これなら変なクセがないので、いいですね。また購入させていただきます。
https://review.rakuten.co.jp/item/1/343924_10000000/1.1/?l2-id=item_review より引用


購入しました!
最近オリーブオイルにはまっていて少し値段が高いですが、自分のご褒美と思って買ってみました。
調理用に使うのは勿体ないので生野菜に調味料と一緒にかけて食べていますが臭みがなくサラっとしていてとても美味しいです。
また、現在妻が妊娠しており便秘気味だったのですが食べ始めてから解消されました!
とてもおすすめです!!
https://review.rakuten.co.jp/item/1/343924_10000001/1.1/?l2-id=item_review より引用

 

まとめ

 

エキストラバージンオリーブオイルの本物は、国際基準である酸度が0.8%以下で手間と時間がかかるコールドプレス製法で作られたものがおすすめです。米国産はおすすめしません。

 

選び方としては250mlで2000円以上、酸化を防ぐため遮光性に優れた容器のもの。ラベルに産地やコンテストで受賞したものが記載されていれば安心できるオリーブオイルと言えます。

 

健康や美容のためにオリーブオイルをつかうなら、絶対エキストラバージンオリーブオイルを選んでくださいね。

 

カンガルーポーのオリーブオイル

 

我が家で使っているオリーブオイルは「カンガルーポー」のエキストラバージンオリーブオイルと上で書いたのですが、簡単にレビューしておきますね。

 

まず、選んだ理由

  • 国際基準でありコールドプレス製法だということ。酸度は国際基準よりはるかに低い0.4%未満Σ( ̄ロ ̄lll)
  • 南オーストラリアの単一農場で収穫されている「シングルエステートオリーブオイル」といわれるオリーブを使っている
    オリーブ品種:フラントイオ種を改良した”FS-17”種
  • カンガルーポーは125年以上も続いている、いわば老舗
  • 数々のコンテストで金賞を受賞している

など、オリーブオイルのプロフィールがしっかりしていることでした。

 

どうしてオーストラリア産?と思ったあなた、するどい!実は、オーストラリア南部は北半球のオリーブ生産諸国とほぼ同じ気候。そのため質のよいオリーブが採れることでも有名。オリーブオイルの品質も優れていて国際的な評価も高いのが特徴なんです。

 

我が家では既に3本目
我が家では既に3本目

 

既に我が家では使用本数が3本目に入っています。ちょっとしたマイブームヽ(〃▽〃)ノ
今後、違うエキストラバージンオイルに浮気するかも知れませんが、今のところ美味しくてとても気に入ってます。

 

値段がちょっと高めなのが欠点かと思いますが、やはり安心な本物だということで、これ以上のものに出会うまでの期間はこのカンガルーポーのオリーブオイルにお世話になりそうです。

 


わーるどおりーぶ「カンガルーポー」のエキストラバージンオリーブオイル販売サイト
※わーるどおりーぶは販売終了 現在Yahoo!ショッピングで販売中■

 

ちなみに、このカンガルーポーのエキストラバージンオリーブオイルを扱っているのは「わーるどおりーぶ」という会社ですが、通販はもちろん、試食した上で買うこともできます♪

 

場所は、岐阜県多治見市太平町の「LaF the organics」。ここのお店では、コールドプレスされたフルーツジュースも飲むことができますよ。近くに行った際に是非寄ってみてくださいね。

それではオリーブオイルライフ楽しみましょう♪

 

LaF the organics
岐阜県多治見市太平町2-5-1
TEL:0572-88-0183

 

このオリーブオイル、一度味わうともう戻れない!!かも知れません(^¬^)

カテゴリー
タグ